<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 技術力の高さをデザインで表現するには? | main | 他との違いをきちんと伝える >>
商品購入までのプロセス
消費者が商品を購入するまでの心理的なプロセスについて、簡潔にまとめられた法則があります。「AIDMA/アイドマの法則」です。ご存知の方も多いかもしれませんが、これはアメリカの経済学者ローランド・ホール氏が提唱した仮説です。100年近くも前のものですが、非常にわかりやすくまとめられており、私もデザインを考える際の参考にしています。

1. ttention(注意):知ってもらう
2.nterest(興味):興味を持ってもらう
3. esire(欲求):欲しいと思ってもらう
4. emory(記憶):覚えてもらう
5. ction(行動):購入してもらう

このように、商品を知ってもらってから購入してもらうまでの消費行動のプロセスが簡潔にまとめられています。現在ではこれに「Repeat(リピート)また購入してもらう」「Satisfaction(満足)満足してもらう」も追加され、アフターフォローまで考慮されたものになっています。100年近くも前のものとはいえ、現代社会でもまだまだ充分参考になる法則です。